北岡伸多朗、下積み時代の貧乏話や苦労話を綴るも「自分に酔ってる」の声

メンズファッション誌『BITTER(ビター)』のモデル・北岡伸多朗が5日、自身のインスタグラムを更新。苦労した下積み時代を振り返るとともに若い世代へエールを送った。

現在、モデル活動以外にアパレルブランドの運営も手がける北岡は、「俺もさー」と切り出し、「大卒で上京してアパレル会社勤めてさ、学生アルバイトからの延長だったから渋谷109-2の店長にいきなりなったんだけど初任給20万とかでさ、古くて狭いのに6.7万する家賃、光熱費、携帯代とか払ったら生活費全然なくてさ、毎日弁当つくって(アパレルの)販売員してたよ。」と苦労した下積み時代を振り返った。

学生時代からの努力が実り、店長に抜擢されるも、「下には未経験の子8人くらい教育しないといけなかったし、毎日破茶滅茶やった。上司からガミガミ言われて、他の店長に馬鹿にされて…」と当時の辛い心境を綴った。

「まだまだ失敗もたくさんだし、完璧な人間でも親でもないけど、自分の子や若い子たちにはたくさんもがいて下積みしていろんな経験して頑張って欲しい」と自身と照らし合わせ若い世代へエールを送った。

しかし、この北岡の投稿にネット上では、「俺は大卒!! 高学歴だと言いたいのか?」「よくこんな薄っぺらい内容で自分に酔えるもんだ。完全に自己満足」「おれもさー、で始まってるけど一体誰に話しかけてるの?」「口ばっかりの奴ほど偉そうに語るよね~。」「彼氏や旦那がSNSで語ってたりしたら恥ずかしい」「初任給20万をバカにしてる時点でアウト。」などと手厳しいコメントが目立った。

0
0


  1. 匿名 より:

    ロスツアーどうなった?まずはその説明をお願いしますw

    0
    0
  2. 匿名 より:

    文面から見て取れる頭の悪さ

    0
    0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。