加藤浩次、ガキ使で『加藤の乱』を再現し大反響「見直した笑」「かなり笑った」

「ガキの使い大晦日 笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」が31日放送され、極楽とんぼ加藤浩次がゲスト出演。吉本ネタを持ち込み、お茶の間の笑いを誘った。

今回、加藤はMCを務める同局の情報番組「スッキリ」で吉本興業の闇営業問題にもの申した「加藤の乱」を再現。「トップが責任を取れない学校って、機能してるのかな。今の体制を変えないと」などと、吉本を学校に置き換え熱弁した。

 

さらに、ダウンタウンやロンドンブーツ1号2号が組んだユニット「Re:Japan」が歌った「明日があるさ」の替え歌を披露。「みんなのためになるならと エージェント制度を提案し みんなやると 思っていたら、気づけばオレ1人~」と歌い、「全員アウト!」の大爆笑となった。

視聴者からは「普通に面白かった」「かなり笑ったよ。笑えて今年終われてよかった。」「吉本総出でネタ化して誤魔化して終わりにしようとしてるなw」「チワワ加藤」「正直加藤見直した笑」などと大反響をよんだ。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。