乃木坂、レコ大連覇に不満続出「出来レース」「USAだと思ったわ」の声

乃木坂、レコ大連覇に不満続出「出来レース」「USAだと思ったわ」の声

日本作曲家協会主催の「第60回輝く!日本レコード大賞」の最終審査会が30日に行われ、乃木坂46の「シンクロニシティ」が大賞に輝いた。昨年の「インフルエンサー」に続く2年連続受賞は史上8組目で、公式ライバルのAKB48に並んだ。

乃木坂は今年発売したシングル3作が全てミリオンセールスを達成。大賞受賞曲は150万枚を突破している。

 

しかし、ネット上では「秋元系うんざりだよ 」「てっきりUSAだと思ったわ」「出来レース 」「ヲタ以外誰も知らない 」「出来レースの金積んでるクソ賞」「レコ大終了すればいいのに」などと結果に不満を感じるネットユーザーが多いようだ。

レコ大といえば、2016年のレコ大をめぐり、芸能事務所LDHが自社に所属する三代目J Soul Brothers に優秀作品賞を取らせるため、裏金が動いていたと週刊文春が報じ大騒動となった。

画像引用:日本レコード大賞Twitterアカウント

 



  1. 名無し より:

    USAはカヴァーだから不利だとは思ってたけどそれでもAKBや坂系だけは無ぇと思ってたわw
    だってあいつらの売上なんか全部紙切れのオマケにCD付けただけのイカサマだから無効じゃんw
    悔しかったらアケカスは他の奴等のCDがイカサマだって証拠出して見ろよwwwww



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。