レジ袋の有料化『環境省、義務付ける方針』に批判殺到!コンビニ店員の反応は?

プラスチックごみの削減に向け、環境省は、スーパーやコンビニなどでの買い物時に配られる『レジ袋の有料化』を法律で義務づける方針を固めたことが12日、分かった。

レジ袋の有料化は、セブン&アイ・ホールディングスのイトーヨーカドーなど、一部の大手スーパーなどでは行われているが、コンビニなどでは、作業効率の面などから導入が遅れていた。

この方針にネット上では、「有料でいいから分厚いのください 」「コンビニは勘弁して」「コンビニ行く回数が減るね。」「お偉いさん方はコンビニ行かないもんね」などと批判が殺到。

また、コンビニに勤務している店員さんからは、「想像しただけでだるいわ 」「また手間がかかることを…」「何かとお客さんと揉めそう…」といった心配の声も上がっている。

写真:イメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。