フジモン、木下優樹菜のパシリで買い物か「かわいそう」「イメージの回復は無理」の声

実姉が勤務していたタピオカ店の店主に恐ろしい恫喝DM(ダイレクトメール)を送り、芸能活動を自粛中のタレントの木下優樹菜。32歳の誕生日を迎えた4日もインスタグラムや匿名掲示板上ではいまだ批判的なコメントも多く書き込まれ、収束を見せない炎上騒動となっている。

週刊女性PRIMEの取材によると、そんな木下に代わってか、夫でお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史が、コッソリ自宅近くのスーパーで日用品の買い出しをしていることが分かった。

 

「挙動不審というか、かなり警戒した様子に見えました。帽子にマスクという完全防備な格好で来ていましたね」(居合わせた客)

「特別なものが売っているわけではない普通のスーパーですから、藤本さんもレタスなど日々の食料品を買っている感じでした。買い物を終えると足早に店を後にしていましたよ」(同・居合わせた客)

「何度か店で見かけたことがありますね。騒動がまだ大きくなる前の10月にも買い物に来ていましたよ。さすがにここまで騒ぎが大きくなってしまうと、堂々とは来れないんじゃないですかね」(同・居合わせた客)

とばっちりを受ける藤本にネット上では「もう許したれよ 復帰はさすがにしないだろ」「かわいそうな藤本」「フジモン、パシリにされてるのか可哀想に」「フジモン顎で使うとか反省してるのかね」「なんかマスク小さくない?」「そのうち喧嘩が耐えなくなって離婚てパターンだろう」「イメージの回復は無理だな」など、藤本に対する同情の声や木下に対する批判が殺到している。

画像引用:PRIME

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。