トランプ「中国ウイルス」と呼び波紋 中国高官「米軍が持ち込んだ可能性」

トランプ「中国ウイルス」と呼び波紋 中国高官「米軍が持ち込んだ可能性」

トランプ米大統領が16日、自身のツイッターを更新。世界中に感染拡大中の新型コロナウイルスを「Chinese Virus(中国ウイルス)」と呼び、物議を醸している。

トランプは米16日夜。「アメリカ合衆国は、中国ウイルスの影響を特に受ける航空会社などの業界を強力に支援する。我々はこれまで以上に強くなる!」とツイート。

中国外務省の趙立堅報道官は14日までにツイッターで、新型コロナウイルスについて「米国でいつ感染が始まったのか? 何人が感染したのか? 病院名は? 透明性を! データの公開を!」などと主張しており、また発生源について「発生源は思い込まれているような湖北省武漢市ではなく米軍が持ち込んだ可能性がある」とする見解を投稿。アメリカのポンペオ国務長官は「新型コロナウイルスの発生をアメリカの責任にしようとしている」と中国側の主張に反論していた。

一連の騒動をめぐり、ネット上では「正しい名称は 武漢ウイルス」「中国は責任転換する為にゲスな発言をし過ぎた」「他国になすりつけようとするから」「チャイナ&WHOウィルスだろ」などと物議を醸した。

画像引用:Google画像検索

 

1件の返信



  1. 匿名 より:

    ある意味 中国の武漢から発生したんだからね。謝れとは云わないが世界中が迷惑してる。 でも意地でも謝らない自分たちの非になる事は云わないわね。
    凄いメンタルだわ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。