テラハ貴之、卒業インタビューで悪口三昧&上から目線な態度で批判殺到

テラスハウス軽井沢編「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」の第34話で卒業した寮長こと中村貴之(なかむら たかゆき)について、同日夜にYouTubeで公開された卒業インタビューが酷すぎると話題になっている。

同居メンバーそれぞれに対しての印象を語る同インタビューにおいて、中村のコメントを簡潔にまとめると…

安未→「顔が可愛いから癒しだった、軽井沢にいないって言ったのは大げさに言っただけ」
麻由→「ガサツ、もっと成長して欲しかった」
聖南→「第一印象はドン引き、ひげ剃れ騒動でちょっと恨みアリ」
至恩→「仕事への姿勢について一度、説教経験アリ」
綾→「テンションが若いのがハマっんなかった、バスタオルの刺繍は意識してなかったけどクリーンヒットしてしまった。」

などと、客観的に観ていて愚痴が多いのと、他メンバーに比べ歳上ということもあるのか、全てにおいて上から目線だなという印象を受けた。

このインタビューにネットユーザーからは、「偉そうに他のメンバーに言える立場じゃないよ~」「卒業インタビューでも悪口三昧」「卒インも変わらず上から目線でうざい!」「器が小さすぎるわ…何故にあんなに上から言えるんだろう…」などと批判的な声が殺到している。

現在、同動画の評価数はプラス評価よりもマイナス評価がかなり上回っている状況であり、世間的にかなりイメージを落としての卒業となってしまったようだ。

画像引用:youtube

0
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。