エリーエイムス、流産体験談をシェアし反響『実は流産してました…』(Ellie Ames)

アメリカ・サンディエゴ在住の人気YouTuber「Ellie Ames(エリー・エイムス)」さんについて、今年5月にアップした流産に関する「体験談」動画が、反響を呼んでいる。

エリーさんは、動画タイトルで「実は流産してました」とし、これまで身内と一部の友達にしか明かしていなかったという、辛い流産体験について涙ながらに語っている。なお、動画でシェアするに至った理由については、当時、自身がYouTube上の流産に関する動画に励まされたとし、自身も一(いち)YouTuberとして誰かの役に立てれば、との思いがあったから”決意”したのだという。

 

動画内では、約3年前、妊娠12週目の検診時に流産が発覚したことや、流産の手術、当時の葛藤など、涙をにじませながら語っていた。また当時、妊娠ができない体なのではと自身を追い詰めてしまっていたエリーさんは、夫から「それ(その場合)はしょうがないよ。夫婦でたくさん旅行したり、2人で楽しく過ごしていこう。」と優しい言葉をかけてもらったという。さらに、それでもどうしても子供が欲しい場合には、「世界の恵まれない子供たちを助けてあげることもできるんだよ」と養子縁組を提案してくれ、励ましてくれたという。そんな夫の優しさにエリーさんは「本当にこの人と結婚してよかった」と感謝していた。

そんなエリーさんの辛い体験談に、ファンからは「お辛い経験、話して下さり、凄いと思いました。」「辛いのに動画にしてくれてありがとうございます」「赤ちゃんもきっと天国で見守っててくれてると思います!」と温かいコメントが寄せられた。

また、同じく流産体験をした視聴者からは「私も二人目の赤ちゃんが流産でした…」「こんな偶然ある⁈って思って動画を観る前から泣いてしまいました。」「エリさんの気持ち凄く共感出来ました」などと、共感するコメントが寄せられた。

画像引用:YouTube

 


  1. 匿名 より:

    うわ。こんなところにも湧き出るゲスいアンチ…絶句です。
    若いのに、海外で子育て頑張ってるじゃないですか。それを揚げ足とって批判って、虚しくならないですか?

    • ゆゆ より:

      はは、誰にも共感してもらえないね。哀れな女。アンチされるような事ばかりしてるのはあっちの方なんだから仕方ないでしょ。ぜーんぶ常識や教養のないおバカさんの自業自得。自分で恥ずかしい動画上げまくって、恥ずかしい事後工作しまくってただ自滅してるだけ。アンチのせいにすんな。

    • 名無し より:

      大学卒業して22、23歳くらいからだからもう10年?くらいアメリカで生活しているのにアメリカの事わかってないから子育ても中途半端。子育て頑張るって当たり前のことですよね?子供が欲しくて流産した後もトライして産んだんですから。若いとか関係ないし世の中もっと過酷な状況で子育てしてる方はたくさんいらっしゃいますよ。

  2. デリちゃんエリちゃん より:

    流産動画は共感一切ないですよ。エリさんの動画に称賛、共感コメントしている人は、、、アメリカ、海外生活にに憧れている一部層だけですね。
    エリさんは後先考えずに何でも動画にして炎上してます。娘のオムツ交換もバッチリ娘のプライベートな所映してましたし(のちに指摘でモザイク処理)
    同じ母親が主な視聴者だと思いますが、普通の感覚ではそれはないでしょ、、って事が多くて驚かされます。よってこの記事の内容も驚いてます。

  3. 匿名 より:

    動画中に一重に戻った目を大きく見開いて修復しようとするEriさんがなつかしいです。

  4. ブラ見せまくり より:

    YouTubeでこの人ブラが見えてる動画何回か見たよ。

    子育てしといて、男からの目線も忘れない。

    メイク動画しっかり子育てに集中してください。

    カメラとSNS命のエリさん

  5. さすがでりー より:

    凄い盛られて絶賛されてるのに、コメント欄荒れてて草ぁwww
    知らない人がこの記事読んだらどう思うのかwww


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。