イラン「アルコールは新型コロナに効く」→メタノール飲んで27人死亡, 218人が中毒に

新型コロナウイルス感染が拡大しているイランで、飲酒が感染の治療に効果的という噂を信じた人が次々とメタノールを飲み、計27人が死亡したことが分かった。9日、レバノンのザ・デイリースターが報じている。

フーゼスターンの州都アフヴァーズにあるジュンディーシャープール医科大学の広報担当者によると、同地では218人が現在、メタノール中毒で入院しているとのこと。

 

メチルアルコール(メタノール)は主に工業用で、家庭など身近にはない。高濃度であると蒸気を吸い込むだけで、頭痛、めまい、吐き気や、視神経の障害による視力低下・失明が起こるとされている。

ネット上では「飲む前にググればよかっただけなのに」「教育の大事さがわかる」「イスラム教徒が酒飲むなよ」「メタノールは酒じゃないからオッケーみたいな流れ?」「突っ込み所が多すぎる」などと驚きの声が広がっている。

画像引用:THE DAILY STAR

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。