アメリカ人モデル、旭日旗TシャツをSNSにアップし韓国人から袋叩きに(画像あり)

アメリカのモデル・シャーロット・ケンプ・ミュール(Charlotte Kemp Muhl)が19日、自身のインスタグラムを更新。日本軍国主義を象徴する戦犯旗「旭日昇天旗(旭日旗)」Tシャツを着て、乗馬を楽しんでいる写真をインスタグラムにアップしたことで、ハングル文字による猛バッシングを浴びている。

 

ある韓国のネットユーザーからは「ファッションは尊重するが、ファンとして言わなければならないようだ。 写真の中のTシャツデザインはナチのような意味だ」「旭日旗は韓国で日本の植民支配を思い出させるので韓国の人々には大きな傷だ」との指摘が。

するとシャーロットは「これは日本の旭日昇天旗だ」「旭日旗は明治時代に日本軍が初めて使い、海軍の軍艦旗にも採択された。韓国植民支配以前から存在したので 本質的にナチの政治的理念とは違う」と反論。

さらに「私は日本語ができて、あなたより歴史を多く知っている。米国と英国、フランスも国旗が存在する間、植民支配したのに、 それではこの国旗も禁止しなければならないのか?非常に退屈で情けない論争だ」と一蹴した。

画像引用:インスタグラム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。