みきママ、餃子催事での過剰なファンサービスに批判殺到「餃子と関係ない」「よそでやれ」の声

お家料理研究家のみきママが28日、自身のブログを更新。池袋東武百貨店で、25日から30日まで予定されている『餃子マーケット』について呼びかけた。

今回、同イベントの「爆汁肉餃子」の売り子として参加したみきママは、「せっかくの機会、本気で頑張らせていただきます!!」などと意気込みを綴った。

催事中は、焼き餃子と冷凍餃子の2種類の販売をしているそうで、「声を出して売るのって、気持ちいい~!!何だかボディーに熱いものがこみあげてくるのを感じます。私、商売が好きだ~!!」とはりきった様子で綴った。

同イベントには沢山のファンも駆けつけたようで、「みきママに会えた。 次女がずっと手を繋いでた」「力強い握手で神対応すぎ」「握手も自らしてくださって、たくさんお喋りしてくれた」などと歓喜の声が殺到。写真撮影や握手、サイン、本の販売などファンサービスもしていたようだった。

しかし、一般の参加者からは批判の声も殺到。「握手会撮影会サイン会なんてよそでやれ」「食品を扱っててマスクもなしに…」「スマホ(で写真撮影)なんて便座より汚いって言われてんのに…」「餃子と関係ないじゃん、他所でやれ」といった声も上がった。

画像引用:アメブロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。