はあちゅう氏、ツイッターの問題点について持論を展開「正義ではなく、人をいじめたいだけ」

はあちゅう氏、ツイッターの問題点について持論を展開「正義ではなく、人をいじめたいだけ」

7月15日に人気男優との事実婚を発表、その後も『匿名のアカウントを名誉毀損、プライバシーの侵害で訴えます』と発表したりとネット上を中心に話題となっている人気ブロガー・はあちゅうさん。SNSでの問題点について持論を述べた。

はあちゅうさんは、「今のネットの(主にツイッターの)問題点は、当事者じゃない人たちの野次馬としての振る舞いなんだよな。当事者同士で片がついたことに対して、謝罪しろ、とかそれじゃ足りないから活動停止しろ、とか、そういうこと書いて追い詰めるのは、誰かを思っての正義ではなく、人をいじめたいだけ。」と述べた。

また、「相手がした行為に対して、関係者でもない自分の追い討ちは度を越していないか?と自問自答したほうがいい。…こういうことが早く法的にがんがん取り締まられるようになってほしい。」と続けた。

この投稿にツイッター上では、「頑張って解決してください」「病んでいる人を相手にすると、自分も病んでしまいますね。」「正義の履き違え…… おぞましいですなぁ」「気が滅入るけど一人一人摘発していくしかないですね。」などのコメントが寄せられている。

画像引用:LINE公式ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。