ちちんぷいぷい、時間短縮にネット歓喜「安倍の圧力?」「反日ワイドショー」過去放送では安倍総理を小馬鹿に

情報番組の「ちちんぷいぷい」(MBS)が4月1日から放送時間を約2時間短縮すると発表。新番組「ミント」がスタートすることがわかった。

関西のローカル情報番組「ちちんぷいぷい」は1999年に元アナウンサーの角淳一さん(74)を初代メインMCに放送開始し、今年で20年目の長寿番組だ。

 

現在、舌癌闘病のため休演中のタレントの堀ちえみも木曜日レギュラーとして活躍。21日の放送ではMCアナウンサーより「席を空けてお待ちしております」と堀の引き続き起用を明かした。

この発表にネット上では、「関西の極左番組だからな。 たまに見るとビビるくらい偏向発言」「無駄に長く内容の無い番組ですやん」「4月以降は読売テレビを見ると思います」「震災の時にやらかしたって騒動でしか知らない」「さっさと打ち切ってくれ 」「安倍の圧力?w」「酷い左翼番組」「反日ワイドショーだからなぁ」などと納得の声が相次いでいる。

【動画】堀ちえみ&桂南光、安倍首相の国指定の難病を茶化していた過去「ブーメラン怖すぎ」の声(ちちんぷいぷい)

引用:ちちんぷいぷい

 


  1. 嫌い より:

    終わってよろしい!
    堀ちえみさんも要りません!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。