だいたひかる、新型コロナ対策でとある場所で食事『神経質になり過ぎなのかも知れないけれど…』

乳がんで右胸を全摘出したお笑い芸人のだいたひかるが28日、自身のブログを更新。感染拡大中の新型コロナウイルスの対策とし、外出先では人混みを避け、レストラン等ではなく”外”でご飯を食べていることを明かした。

だいたは闘病による免疫機能の低下を心配し「少し神経質になり過ぎなのかも知れないけれど⁉︎ 外食先で咳をする人が居るか居ないかは?一か八かで…特に狭い店だと緊張します」となるべく人との接触を避けている様子。

 

最終的に「結果たどり着いた私の居場所は外でした」と外出時には外で食べることを選択したようで、この日のランチは「外にイートインスペースがある、スーパーに寄りまして…好きな物を買って食べています」とし、セール品の白和えや、天ぷら、たけのこの惣菜をアップした。

また、外で食事をしていると、年配の女性に『犬が逃げないように見ていて欲しい』と頼まれ、犬の見張り番をした珍エピソードも披露。「もちろん、1ミリも懐かれませんでした」と寂しそうに綴り、背中を向けている犬のショットをアップした。

この投稿に、ネット上では「私も恐いので寒いですが、日当たり良い日は、中庭で食べています」「安全かウイルスは見えないから多少神経質に皆さんなっていると思いますよ」「食事のチョイスが春ですね!」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 


  1. 匿名 より:

    嘘くさい励ましのない、頑張りすぎない発信のだいたさんのファンです。
    コロナ早くおさまるといいですよね…

  2. 匿名 より:

    神経質なくらい気をつけた方がいいと思います。私も免疫に自信がないので、人混みは避けるようにしてますよ(>人<;)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。