おかもとまり『ネタになりますから!』自殺した友人をディスった結果…

元タレントの『おかもとまり』が14日、自身のインスタグラムを更新。自殺した友人に「死んだらかわいそうとか、無いですから。」と、率直な思いを綴った。

おかもとは昨年公開された映画「青の帰り道」の原案を担当。大切な友人の自殺を止められなかった後悔から23歳の時に執筆し、映画でもその友人の死が描かれている。

 

おかもとは「カナのモデルになった友達の死はカッコ悪いし、かわいそうって言いたくないです」「生きれますから!!ネタになりますから!!!」「死んだら生きてる人に負けます。死んだらかわいそうとか、無いですから。死んだらなにも言えませんから、もう。死んでも本当のこと、伝わりませんから。」と悔しさを滲ませた。

しかし、この投稿にネット上では、「勝ちとか負けとか無いだろw」「人の生死をそんな風に言ったらあかん」「表現の仕方が頭悪そう」「勝ち負けという発想が頭が悪い」「なんかズレてるな」「友達の死でしっかり商売するたくましさよ」「商売にしてこの発言 サイコパスかよ」など、表現法にクレームが殺到している。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。