あいのり桃、大腸検査でポリープ『放っておいたら癌になるものだった…』

フジ系恋愛バラエティ番組『あいのり』出演者でブロガーの桃が2日、自身のブログを更新。大腸検査で「放っておいたら癌になるもの」が見つかったことを報告した。

先日受けた大腸検査で、ポリープを切り取ったという桃は「それを切り取ってもらって、悪性であるか良性であるか調べてもらって、その今日結果を聞きに行ったんだけど…」と経緯を説明。結果は「悪性ではなかったんだけど、管状腺腫っていう、放っておいたら癌になるものだったと言われました」と衝撃を受けたことを明かし、「本当に受けて良かった…」と安堵し「今週うちの両親がやりに行きます!どうか、大切な人にも勧めてください!!!」と呼びかけた。

 

この報告に、ネット上では「悪性じゃなくて良かったです」「健康に気をつけて、ぜひ元気に長生きしてください」「早く切り取れてよかったですね!」「胃癌は塩分の過多摂取でリスクが倍増するから、日頃からの減塩にも気をつけてね」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。