【E子】NGT暴行、文春記事に批判殺到「とにかく太野・西潟を守りたがってるのが伝わるw」の声

NGT48・チームGの山口真帆が男たちに襲われた事件について、新たなメンバーの関与を「週刊文春」(文藝春秋)がほのめかしている。

山口は、複数のメンバーが犯行を唆したと告発しており、SNSでは“犯人探し”が過熱。チームNⅢの太野彩香と西潟茉莉奈が「犯人グループと個人的に関係していた」として犯人扱いされていた。しかし「文春」はこの2人の関与を全面否定。犯人たちの“推しメン”は、それぞれ太野、西潟、山口だったが、犯人たちと“つながった”のは、「E子ら複数メンバー」だという。

 

E子たちと密会するために、犯人たちはNGTの他県組が住むマンションの一部屋を借りた。その部屋は山口の居室の向かいで、以前は太野が住んでいた部屋だそうである。E子たちは「今後、内々出処分される方向」だとしている。唐突に出てきた「E子」、一体誰なのか。

引用:https://news.infoseek.co.jp/article/wezzy_62950/

しかし、この報道にネット上では、「この件での文春って信用できない」「架空の真犯人を作り上げて太野らを守る気だな」「E子にしても第三者委員会のメンバーにしても、存在しない人間は便利でいいよな」「文春がとにかく太野西潟を守りたがってるのは伝わるw」「中井は名前出されてるのにE子はなんで伏せてんの?犯人守りたいからか (コソ…」などと批判が殺到。

ネット上では、暴行事件が明るみになった直後から『文春』と『犯人グループ』の繋がりが噂されており、それゆえ今回の記事は”話題そらし”と捉えるネットユーザーが多いようだ。

【隠蔽】山口真帆の暴行告発、運営と黒幕の関係がヤバイ…(事件相関図)

【画像】NGT荻野由佳、学生時代のイジメ写真が流出で物議「このグループはクズしかいない」「トラウマ思い出した…」の声

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。