【27時間TV】フジモン、嫁の騒動を謝罪も「結局笑いに持っていく吉本芸人」と厳しい声

FUJIWARA藤本敏史が、2日放送の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)に出演。「すみませんでした」と謝罪する一幕があった。

『さんまのお笑い向上委員会』のスペシャルに出演した藤本は、1984年ロサンゼルスオリンピックの開会式で、小型のロケットエンジンを積んで空から降りて来たロケットマンの衣装で登場。ここで明石家さんまが、爆笑問題・太田光が何かを言いたそうにしているところを見るや「言うたらあかんねん」とすかさず注意。

木下優樹菜、ハワイ逃亡&現地でも暴言…裏垢も鬼更新で反省の色なし

 

さんまの素早い対応に太田は「どうして分かるんですか」と驚いたが、空気を察した藤本は席から立ち上がり、「すみませんでした!」と謝罪。 これに対しさんまが「ロケットマンが謝ることちゃうねん」と求めると、藤本は「ロケットでどっか飛んでいきたいです」と、今の心境を明かした。

これに視聴者からは「なんで言うたらあかんねん」「嫁に謝らせろや」「まあ嫁さんはもう詰んでるから」「まぁフジモンが謝る事でもないが」「結局笑いに持っていく吉本芸人」「吉本芸人同士でかばい合ってて見苦しかった」などと厳しい意見が殺到した。

画像引用:FNS27時間テレビ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。