【韓国】元KARAのギュリ、日本で音楽活動本格化に「図太いなぁ」「キライな日本で商売w」と批判殺到

韓国の元ガールズアイドルグループ『KARA』リーダーのギュリが日本で音楽活動を本格化させることが23日、分かった。日本でのオリジナルソングを年内に発売予定だという。

取材に応じたギュリは、「皆さんとたくさん会える機会を作りたい」「久しぶりに日本で音楽活動をすることができてうれしい。ファンの皆さんの期待に応えられるように頑張ります」などと意気込んでいるようだ。

 

昨今、徴用工問題や慰安婦問題、さらには韓国軍によるレーダー照射問題、Kポップアイドルらによる原爆デザインTシャツや慰安婦デザインTシャツなど、日韓関係が冷え込んでいる中でのこの報道に、

ネット上では「韓国はいらねーから」「キライな日本で商売w」「今の日本の嫌韓感情がわからないのか?」「いつの間に解散してたんだw」「この状況で来るのかよ? 図太いなぁ」などと厳しい声が飛び交っている。

国内では先日、ハーフモデルの藤田ニコルが某TV番組で、韓国旅行やKポップアイドルの曲を聴いていると何気なくSNSで明かしたところ、ネット上で総攻撃にあったと明かしていた。また、ブロガーのあいのり桃も韓国旅行についてブログで綴ると、「日本帰ってくるな」などと批判が殺到するなど、韓国推しは高感度低下につながるリスクがあるようだ。

画像引用:ログ速

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。