【韓国】パラサイト、インド映画のパクリ疑惑が浮上...『わが映画の内容と似ていた』

【韓国】パラサイト、インド映画のパクリ疑惑が浮上…『わが映画の内容と似ていた』

インドの映画製作者が、アメリカ・アカデミー賞作品賞を含む主要4冠を受賞した、韓国映画『パラサイト・半地下の家族(原題:寄生虫)』は、自作映画の盗作であると主張。弁護士と協議を終え、2~3日内に告訴をするかどうかを決めることがわかった。

17日、インディアトゥデイ、TNN通信など現地のメディアはインドの映画製作者、PLテナパン氏がポン・ジュノ監督の『パラサイト』をめぐって自身の映画を盗作したとして訴訟を準備中という便りを伝えた。

 

報道によると、1999年『Minsara Kanna』(監督K.S.ラビクマル)を製作したテナパン氏はこの映画と『パラサイト』が構成的な側面で似ているとし「アカデミー授賞式後『パラサイト』を見たが、わが映画の内容と似ていた」と主張したそう。

この報道に、日本国内からは「きたーw」「よく調べて!」「でも、パラサイト自体は韓国の日常だろ?」「まあ陳腐な話だからな」「構成的な側面ってこれまた曖昧」「有名になるとこういうの出てくるよね」「パラサイトに踊るシーンあったかw?」などと物議を醸している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。