【韓国】トロフィーを笑顔で踏んづけた選手、侮辱された中国の反応がヤバイ…(サッカー)

中国で行われたサッカーのユース大会で、優勝したU-18韓国代表の選手が足でトロフィーを踏んで喜んでいる写真が公開された問題で、大会を主催した中国側は30日、韓国チームの優勝を剥奪した。問題を受けて韓国チームの選手やスタッフが「中国の全国民」に向けて謝罪していた。

 

成都(Chengdu)で開催された年に1度のユース国際大会「パンダ・カップ(Panda Cup 2019)」で、韓国代表は29日の中国戦に3-0で勝利し優勝を決めた。だが試合後に選手が取ったこの敬意を欠く行為が批判の対象となっていた。

選手が足でトロフィーを踏む様子を捉えた写真は中国メディアやSNSで大きくとり上げられ、大会組織委員会は、韓国側の振る舞いを「重大な侮辱行為だ」と批判していた。

ネット上でも、「自業自得」「恥ずかしい民族」「処分されないとわからない国民性」「永久追放」「韓国はまた被害者ヅラして逆ギレするのか?w」などと批判が殺到している。

画像引用:ログ速

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。