【話題】小栗旬、沢尻エリカとの対談で薬物話を切り込んでいた(動画あり)

俳優の小栗旬が、沢尻エリカとの対談で薬物話を切り出し、意味深な行動をとっていたことがネット上で話題になっている。

9月22日(日)にオンエアされた「ボクらの時代」には、映画「人間失格」で共演した小栗と沢尻、監督の蜷川実花が出演。映画の撮影秘話や作品への価値観を語り合う中で、小栗は映画「ダークナイト」でジョーカーを怪演したヒース・レジャーが2008年に処方薬の過剰摂取で亡くなったことに触れ、「人間は心がそこまで強くない、だからこそ気がつくと何かに頼ってしまう瞬間があると思うんです 現実がどこか分からなくなっちゃう(から)」と理解を示した。

 

これに沢尻が「人って何かに依存してるわけだから…」と同調すると、小栗は「でも重要なことはさ…」と切り返し、「人を殺した経験はないけれど、僕らは人を殺す役をやらなければいけない」「ドラックの役だからといって、ドラックやりますとか、そういうことではない」「いろんな想像力で補いましょうということが重要」などと力説していた。

沢尻の逮捕後に、対談を視聴したネットユーザーからは「切り込む時、沢尻に目線飛ばしてて草」「薬に頼るなよって諭してるのか」「これ絶対知ってるやつやん」「誰でも何かに依存してる訳で~ってイライラで草」「小栗が沢尻をチラチラ見る目が面白い」などと2人の違和感に触れる声が多く、物議を醸した。

画像引用:ボクらの時代

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。