【訃報】あの人気YouTuber、遺体で見つかる「鬱やったんかよ」「いい人そうなのに」と衝撃走る

2019-06-26 06:24 
インフルエンサーのDesmond “Etika” Amofah氏が遺体で見つかったことがわかった。ニューヨーク市警察が発表している

現地時間6月24日夜にアメリカ・ニューヨークのイースト川にて、人が浮かんでいるという緊急通報があり、警察が駆けつけ身元を確認したところ、先週の水曜日から行方をくらませていたEtika氏であることが判明したという。享年29歳。死因については、現在司法解剖が進んでいるとのこと。

 

Etika氏は、2012年より活動を始めたインフルエンサー。国内では「ガイルくん」というニックネームでも知られている。氏は主にYouTuberにて活躍してきた。ゲームを中心に扱っており、通常のゲーム実況やゲームニュースを伝えたり多岐にわたるコンテンツを制作していたが、特に有名なのはリアクション芸。

たとえばNintendo Directのひとつひとつの発表にハイテンションで喜び、大騒ぎする氏の反応は日本でも取り上げられていた。Instagramのフォロワーは約24万、Twitterのフォロワーは32万以上。YouTubeアカウントも何度も削除されながらも、直近で13万以上の登録者を抱えていたとされている。

一方氏は、精神的な不安定さを見せる一面もあった。この1年で、確認されている限りで3度の自殺示唆をおこなっていた。その後E3 2019の実況では元気な姿を見せていたが、現地時間6月19日の電話を最後に、行方をくらませ、親類も連絡がとれなくなっていた。そして失踪からおよそ36時間後に、氏のセカンドチャンネルに自殺を示唆する動画が投稿される。

動画内でEtika氏は、これまでは“本当に”死のうとは思っていなかったが、今回は真剣に自殺を検討していることを示唆。有名になる中でSNSで精神を著しく消耗し病んでしまったといい、ファンを裏切ってしまうような形になってしまい申し訳ないと謝罪していた。
一部引用:AUTOMATON

この報道にネット上では、「いい人そうなのに」「ゲームも支えにならなかったんだな」「あのリアクション芸はマジだったんだな …精神がやばかったからできた芸当」「あんな陽気な感じでも鬱やったんかよ」「兄が亡くなって鬱病になったとかすげー繊細な人だったんかな」などと衝撃が広がっている。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。