【覚せい剤】槇原敬之、「歯がボロボロ」近影の口元が話題に…

歌手の槇原敬之容疑者が13日、覚せい剤取締法違反(所持)などの疑いで警視庁に逮捕された。逮捕のちょうど1週間前、6日には社歌「超えろ。」を書き下ろした関西テレビ(カンテレ)の夕方のニュース番組「報道ランナー」に生出演していた。

槇原容疑者はもともと歯並びは良くなかったが、この日の放送では、ひどく黄ばんだ歯が印象的だった。

ネット上では「率直に言って、きたならしい」「シンナーは歯がボロボロになると聞くけど、クスリもそうなの?」「前歯溶けたのか」「ガタガタで汚い」「歯がヤバいけどまさか…」「歯にしか目がいかない」などの指摘が寄せられたが、一方では、長年のファンから「歯はデビュー当時からガタガタでしょうに」「ずっとガタガタで汚いやん」「歯は声が変わるから治さないって昔から言ってる」といった声もあり、物議を醸している。

画像引用:Google画像検索

 


  1. 匿名 より:

    牢屋で反省しろ

  2. 匿名 より:

    汚い。。。不潔
    歌手なのに歯が汚いって致命的。

    歯並びくらいで歌唱力が悪くなるんなら、アメリカの歌手はみんな下手くそってことになりますよw 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。