【茶番?】運営AKS、元AKB支配人の炎上騒動→クビ発表にヤラセ疑惑浮上「運営しか得してねえ」

【茶番?】運営AKS、元AKB支配人の炎上騒動→クビ発表にヤラセ疑惑浮上「運営しか得してねえ」

AKB48グループを運営するAKSは7日、元NGT48劇場支配人・今村悦朗氏との契約解除、AKB48劇場支配人・細井孝宏氏の退任を発表。前日6日に、元AKB総支配人・戸賀崎智信氏がツイッターに3人で飲んでいる様子を投稿。「みんなぐたらない報道に惑わされないように」などとツイートし、批判が殺到していた。

 

運営は、「NGT48に関する事案について第三者委員会にて調査中であるにも関わらず、立場ある人間が不適切な行動をしてしまったことを、会社として厳粛に受け止め、前NGT48劇場支配人今村悦朗との間の契約を解除するとともに、AKB48劇場支配人の細井孝宏の退任を発表いたします。」と発表。

続けて、「皆様からの声に真摯に耳を傾け、ファンの皆様にもう一度心から愛されるグループを目指し、自らを変革して参りたいと存じます。改めて不快な思いをされた全ての方に深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。」と謝罪した。

この対応にネット上では、「対応が急すぎて臭いな」「この解雇運営しか得してねえw」「あやしい感」「NGT支配人をクビにしたら会見も開けないじゃん」「調査結果は全部今村のせいだったけど、もう今村は弊社の人間じゃないのでって逃げるつもり?」「これもシナリオ通りなんじゃないかと勘ぐるわ」などと納得いかない声が相次いでいる。

画像引用:ツイッター

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。