【舌癌】堀ちえみ、食べづらそうな夕食メニューに「意味分からん」「本当に舌の手術しました?」の声

ステージ4の舌癌の手術を受け、26日に退院したばかりのタレントの堀ちえみが1日、自身のブログを更新。夕食メニューを公開した。

リハビリを兼ねてか、この日も買い物に出かけたことを明かした堀は、「今日は3時過ぎに家を出て、夕飯の買い物に行きました。ゆっくりのんびりと食材選び。」と報告。

帰宅後は「たっぷりと時間があるので、急いで作る必要はありません。時間に余裕があると気が楽です。」とし、品数の多い夕食を披露。「鱒のバジルオリーブオイル焼き」をメインに、「いかげそレモン焼き アスパラといくら カラーピーマンの炒め物 ほうれん草としらす 肉じゃが 蕪の味噌汁」など和食メニューのラインナップだった。

手術で舌の6割を切除・再建している堀は、「肉じゃがは食べやすいように、具材を鶏モモ肉の挽肉にしました」と食べやすいように工夫もしているようだ。

しかし、ネット上では「育ち盛りの子供と同じ量を食べるのね」「イカげそ、アスパラ本当に舌の手術しました?」「入院中、胃が小さくならなかったの?」「ゼリーのゴックンを目指す→イカ下足まで早かったね!」「イカ下足?本当に意味分からん」「同期の沈黙が全てを語ってるような…」などと、疑いの声が殺到している。

画像引用:アメブロ

 


  1. 匿名 より:

    アスパラにイクラ
    ウケるわ

    30+
  2. 匿名 より:

    そぼろの肉じゃが?
    たべにくそー
    というか、何の手術したん?
    舌がんちゃうやろ

    27+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。