【米輸出規制】ファーウェイ新機種、あのアプリが使えない…「実質日本撤退やんけ」

中国の通信機器大手、華為技術/ファーウェイが19日、新型スマートフォーン「Mate30」シリーズを発表した。アメリカのApple/アップルが発表した「iphone 11」に対抗する機種となる。

しかし、アメリカの輸出規制により、OSはグーグル「アンドロイド」のライセンス版が搭載されていないらしく、メールサービスの「Gmail」や動画の「YouTube」といったアプリが使用できない大きなデメリットがあるようだ。

 

この発表にネット上では、「中国人向けすぎる」「ファーフェイのスマホアプデしたらGooglePlay消えて草 」「もうホンマにあかん」「代替のアプリあんのか?」「さすがにYouTube無しはキツイわ」「実質日本撤退やんけ」「買う意味ないな」などと物議を醸している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。