【癌】だいたひかる『情報をシェアさせて下さい』免許センターの配慮をシェア

4年前に乳がんで右胸を全摘出したお笑いタレントのだいたひかるが16日、自身のブログを更新。「情報をシェアさせて下さい」とし、抗がん剤治療を受け脱毛している人は、運転免許証の更新時に帽子を被ったまま写真撮影ができることをシェアした。

前日の15日、自身の免許証写真をアップし「安定して前科がありそうな写真うつりでガッカリします」と自虐をしつつ、更新時期が近付いてきていることを明かしただいた。その際に、がんで抗がん剤治療を受けているブログ読者の方から『抗がん剤治療で脱毛している人は、帽子を被ってもいい』との情報をコメント欄にもらったようで、だいたは16日、「いま不安に思って、写真を撮るから諦めようとしている方がいるかもなので⁉︎情報をシェアさせて下さい」と同じ悩みを抱える方に向けて情報を発信した。

自身の闘病経験から、がんについてだいたは「誰しもがなりうる病気で、早めに見つければ直ぐに命を脅かす存在ではなく…慢性疾患みたいに、付き合っていく病気なので、働いたり普通に暮らせる事を知って貰えて…浸透している事にテンションが上がりました」と、免許センターの配慮に嬉しそうに綴った。

だいたひかる、ガン匂わせ釣りタイトルを軽蔑『みっともない歳の取り方をしている』

画像引用:アメブロ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。