【海外の反応】ハリー王子夫妻の高位王族引退発表、物議に

【海外の反応】ハリー王子夫妻の高位王族引退発表、物議に

イギリス王室のサセックス公爵ハリー王子とメーガン妃は8日、王室の中心的なメンバーとしての役割から退き、経済的にも独立すると発表した。

BBCの取材によると、この発表はエリザベス女王や皇太子との相談なく行われた。バッキンガム宮殿は、夫妻の決定に「失望している」と声明を発表。王族らはこの発表に「心を痛めている」という。

夫妻は、引き続きエリザベス女王を支えていくものの、イギリスと北米で生活する計画だとし、王室とは一定の距離を置きたいという考えを明らかにしている。

 

ハリー王子は2018年5月にアメリカ人で元女優のメーガン・マークルさんと結婚し、昨年5月に第1子のアーチーちゃんが生まれた。しかし昨年10月、夫妻はメディアから注目され続けることに悩んでいると発言。また、手紙を不当に公開されたとして英タブロイド紙を提訴した。

この発表にイギリスでは「メーガンはダイアナ妃のような結末になりそう」「ステータスが欲しかったものの、理想と現実は違ったってことでしょw」「5年後には離婚してそう」「良かった!バイバイ」「帰ってこなくていいよ」「カナダ?その次はカルフォルニアに引っ越すだろうね」「タイトルを捨てろ」「ハリーが気の毒だ」などと皮肉めいた声や批判が殺到。

一方、アメリカからは「イギリスに彼らはもったいない」「2人の決断を尊重します」「なんでいまだに王室なんて存在するんだ」「良かったね!カナダへようこそ」「あなたの人生なのだから好きにすればいい」「イギリス意外誰も興味ないわ」などと応援の声が相次いでいる。

日本国内からは「奥さんの選択、間違えましたね」「女1人に王室が振り回されてる」「王室のブランドほしいけど、アメリカで自由に暮らしたいんやろ」「とても恥ずかしい」「尻にひかれっぱなしのハリー王子」「エリザベス女王様がかわいそう!」「あんなにお金を使って挙式して、改装したのに」「完全に一般人にならずに、カナダの家もSPも税金でよろしくねって、都合良すぎだろ」など、メーガン妃に対する批判が殺到している。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。