【朝日】玉川徹、武田教授のヘイト風発言にブチギレ →「自分は?」と大ブーメラン

テレビ朝日の玉川徹氏が2日、「羽鳥慎一モーニングショー」に生出演。中部大学の武田邦彦特任教授の「日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しないといかん」といった皮肉コメントに対し、怒りを露わにした。

玉川氏は、「テレビ番組で、暴行した方がいいとか言っている人、出てんじゃん。日本の中でも」と指摘。MCの羽鳥慎一アナウンサーが「暴行した方がいい?」と聞くと、コメンテーターでタレントの石原良純は「あれは特異な発言」とフォローした。

 

続けて、玉川氏は「誰とは言いませんけどね、どの番組とは言いませんけど、羽鳥さんがいない時にそういうふうな発言があったんですよ、日本で」と夏休みを取っていた羽鳥アナに説明していた。

27日、情報番組「ゴゴスマ」(CBCテレビ)の火曜レギュラー・中部大学の武田邦彦特任教授が「路上で日本人の女性観光客を襲うなんていうのは、世界で韓国しかありませんよ」「日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しないといかん」などと皮肉っていた。

一連の騒動をめぐり、ネット上では、「実際に暴行された日本人ですが」「暴行した方がいいとは言ってないだろ 歪曲してんなあ」「お前はもっと失言だらけだろうが」「え、 青木理や女弁護士の発言はどうなる」「暴行なんて問題ないってお前の横に座ってた青木りと女弁護士が言ってたじゃん」「玉川や青木りは自分らの日本へのヘイトスピーチは言いっぱなしでおkなのね」などとツッコミが続出している。

画像引用:Google画像検索

 


  1. 匿名 より:

    玉川、馬鹿だったのか

  2. 匿名 より:

    玉川、馬鹿だったのか

  3. 匿名 より:

    大事な電波をなんで反日に使われなきゃいけないんだろう。。

    韓国側って自分のこと棚にあげるから嫌なんだよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。