【新紙幣】渋沢栄一採用に韓国がキレた訳...日本国内からは「国交断絶で」「完全に敵国になった」の声

【新紙幣】渋沢栄一採用に韓国がキレた訳…日本国内からは「国交断絶で」「完全に敵国になった」の声

日本政府が新1万円札に実業家渋沢栄一の肖像画を採用すると発表したことを受け、韓国メディアは9日、渋沢が「日本の帝国主義時代に朝鮮半島の経済を奪い取った主役だった」と強調した。

聯合ニュースは、渋沢が設立した第一銀行が大韓帝国時代の1902~04年に朝鮮半島で発行した紙幣にも渋沢の肖像画が使われたとし、「朝鮮半島の初めての近代的な紙幣に登場し、韓国に恥辱を抱かせた」と主張した。KBSテレビも、朝鮮半島の収奪の歴史を象徴する人物の肖像を採用するのは「過去の歴史を否定する安倍政権の歴史修正主義が反映された可能性がある」との見方を伝えた。
引用:共同通信

韓国の反応に日本国内からは、「追い風吹かせる韓国だな。 これで新札は歓迎されるだろう。」「韓国が文句言うなら日本にとってはイイってこと」「もう国交断絶しかありえない 」「韓国は完全に敵国になった」「何もなかったのに何を奪ったんだ w」「経済無いところに作ったんだから英雄やんけ」などと様々なコメントが寄せられている。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。