【擁護】明石家さんま、タピオカDM恫喝は「普通の口喧嘩」→批判殺到

お笑いタレントの明石家さんまが23日、自身のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS)に出演。タピオカ店主に恫喝紛いのダイレクトメールを送り、活動自粛中のタレント・木下優樹菜について言及した。

さんまは「タピオカであんなことになるとはな。」と驚いた様子で、「昔だったら喧嘩しても電話で済んでて、録音がなけりゃ普通の口喧嘩だったのが、文に起こすと…」とスクリーンショットの破壊力に絶句。

 

宮迫博之や徳井義実など、吉本芸人の立て続けの謹慎もあってか「とうとう木下まで自粛かい」と残念がった。また、「もう少しユッキーナには頑張ってもらいたかったけど…仕方ないですよね」とため息をついた。

さんまのコメントに、ネット上では「喧嘩やないやんけ恐喝やろ」「脅迫を喧嘩て、擁護に必死なのか」「さんまはいろいろとズレてる」「証拠保全されない昔が良かったとでも言うのかよアホ」「喧嘩ちゃう 事務所総出の恫喝やん」「喧嘩じゃなく脅迫」などと批判が殺到している。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。