【批判】迷走中のテラスハウス、ゲス極・休日課長投入で批判「制作側は何考えてるの?」の声

テラスハウスの軽井沢編『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』の第42話が11日よりNetflixにて先行配信スタート。男性新メンバーとして『ゲスの極み乙女』のベーシスト・休日課長こと和田理生(わだ まさお)が入居し、ネット上では物議を醸している。

元々、ボーカルの川谷絵音がテラスハウスファンで、休日課長は一緒に観始めたと言う。自身に関しては、彼女いない歴6年だといい、全力で恋愛をしにきたと明かしている。

今後、どういった展開をしていくのか予想できないが、休日課長のテラスハウス(での恋愛)についての新曲も匂わせていた。

 

休日課長の投入サプライズに、スタジオメンバーの徳井やYOUらは興奮した様子だったが、視聴者からは、「休日課長とかまじでいらない」「制作側は何考えてるの? 」「みんなに気を使わせるだけじゃん 」「早く新シーズンスタートして欲しい…。」「テラハはそこまで知名度ある人は合わない気がするな〜。 」「本当にしょうもないシーズンだな」などと失笑の声が殺到。

軽井沢編スタート時から、「メンバーが地味」「陰湿な雰囲気」などとあまり好評でなかった今回のシリーズ。知名度のある芸能人に最終的に頼るのはいかがなものだろう。

画像引用:フジテレビ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。