【批判】堀ちえみ、子育てについて「消去法でそろそろ終盤に近づいている」

タレントの堀ちえみが1日、自身のブログを更新。子育てについて綴った。

高校3年生の息子について、「そろそろ息子楓季の初スーツを、買いに行かないとね」と大学入学式用のスーツ購入について報告した。

現在の夫の連れ子2人を含め、7人の子を持つ母親の堀は、「子供7人、今までスーツを、一緒に買いに行くというのも、節目の行事のひとつに、なってきました。」と長男のスーツ購入時から約10年、しみじみと振り返った。

続けて、「親の役目として、やるべき事は、まだまだ残って居りますが、こうやって徐々に済ませていくと、消去法でそろそろ終盤に、近づいているのだなぁという、感覚もあったりします。」と解放感を滲ませながら綴った。

しかし、この”消去法”という表現に読者からは、「子供を消去しないでねww」「子供のことを消去法で言い表すとはさすが毒親!」「『子供は邪魔者』と本音バラシやがったな」「ホント 堀さんって無知よね」「要らないもの、選択肢に合わないものを考慮から外していくのが消去法。」「また子沢山アピ?ほとんど放置子の癖に」などと批判が殺到。確かに愛する我が子を思うと、なかなか出てこない表現ではある…。

堀は1989年に外科医と結婚、長男・次男・三男を授かるも、1999年に離婚。2000年に雑誌編集者と再婚した。当時まだ高校生だった3男を大阪に残し、東京に拠点を移した。堀の知人からは、『確かに社会人の長男と大学生の次男はともに独立していますよ。でも三男はまだ高校3年生で、進路を決めたりする重要な時期です。いまは大阪でちえみちゃんの両親と一緒に暮らしています(堀を昔から知る知人 引用:NEWSポスト)』といった声もあったそうだ。

その後、再婚相手との間に4男・長女を授かるも2010年に離婚。2011年にファンだった一般男性とバツ2同士の再々婚を果たす。夫の連れ子2人が加わり7人の子の母親となる。

画像引用:アメブロ

 


  1. 匿名 より:

    堀さぁん!いい加減ダラダラ長文ブログやめたら〜?言葉の誤用も多いし、意味不明な文章をダラダラ書けば書くほど恥さらしてますよ〜 ww
    しかも その内容たるや家族アゲアゲ…家族に感謝感謝…そういう事は直接ダンナや子供達に言ってやって下さいな。
    ハイ!三度目の結婚生活、あとが無いのはわかりますがぁ〜 ww こちとら、
    幸せアピール必死過ぎて引きますよ〜(爆笑)

  2. パパ帰らず より:

    消去法とかパンドラの箱とか名言が色々ありますね

  3. 匿名 より:

    尼子さんちのお母さんは 子どもが中学卒業で卒母なので もう高校生では立派大人扱いなんですよ。
    だから 両親だけの泊まりがけの旅行も当たり前のことなんですよね。きっと大阪時代は堀さんのお母さん 妹さんたちの手助けがあってちゃんと子育てしてないんでしょうね。だから 愛情のかけ方が分からないのかしら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。