ローラ、ファッションヴィーガン認め批判殺到「小学生みたいな言い訳」「あんだけ動物愛護しといて草」と物議

モデルでタレントのローラが22日、自身のツイッターを更新。ヴィーガン生活をアピールをしつつも、一方で豚汁を友人に振舞い”偽ヴィーガン”疑惑が浮上していることについて、反論した。

今月18日、ローラは自身のインスタグラムにて、ロサンゼルスの自宅で友人に振舞った手料理を公開。「みんな、豚汁や肉じゃがなど食べたことがなくて、すごくよろこんでた うれしかったぁ。和食はいいね」とつづった。

 

しかし、これまでヴィーガン料理やスナックの紹介、動物愛護アピールなど「ヴィーガン」だと思われてきたローラだけに、肉類を使った料理に、疑問の声や呆れの声が寄せられていた。

これを受けローラは22日、自身のツイッターで「私はヴィーガンになりましたってどこにもゆっていないよ!」と反論。「ただ、普段の食生活にヴィーガンのお料理を沢山とりいれているよ!」と説明した。

ネット上では、「ただのダイエットじゃん」「やっぱりファッションヴィーガンだったかw」「ヴィーガンだったらぜってー肉食わないだろw」「信者はこの発言に納得するんだろうなあ」「あんだけ動物愛護しといて草」「小学生みたいな言い訳」「ゆ”っていないよw」などと物議を醸している。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。