【恐怖】NGT48の運営『AKS』が発表したコメントに批判殺到「一番やっちゃいけない対応」「闇に葬られる者が出ないことを祈る」の声

昨年12月にNGT48山口真帆が暴行された事件で、NGT48を運営する『AKS』が14日、公式ブログを更新。事件へのメンバー関与問題について見解を示した。

AKSは10日、メンバーが容疑者に”山口の帰宅時間を知らせる形”で関与したことを認めていた。

事件とその後の対応については、「山口真帆に関わる一連の騒動について、NGT48の応援をしていただいているファンの皆様にご心配とご迷惑をお掛けしておりますこと、並びにメンバーに不安な思いをさせてしまったことを、改めてお詫び申し上げます」と改めて謝罪した。

 

一方、「NGT48メンバーの中で違法な行為をした者がいたのであれば、加害者たちと同じように送致されるはずですが、今回、メンバーは誰も送致されておりません。したがいまして、当社としては、メンバーの中に違法な行為をした者はいない、と考えています」などと否定した。

また今後については、「真相究明のため、弁護士や有識者等の専門家による第三者委員会による調査を実施いたします」と対策を発表した。

この報告にネット上では、「一番やっちゃいけない対応」「イジメは無かったと言い張る、教育委員会と同じ構図」「闇に葬られる者が出ないことを祈る」「違法ではないが道徳的に許されることではない。」などと批判が殺到している。

【暴行事件】NGT太野彩香のクズ発言まとめ【帰宅時間提供者】

【隠蔽】山口真帆の暴行告発、運営と黒幕の関係がヤバイ…(事件相関図)

【犯人】NGT山口真帆、襲撃を仕掛けたと噂されるメンバーがこちら…(画像あり)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。