【忖度】マツコ、稲垣吾郎を共演NGにした理由…「えぐすぎて笑う」「性格悪い」と好感度爆下がり中

8月1日発売の「週刊文春」では、ジャニーズ事務所によるテレビ業界への“圧力疑惑”について、タレントのマツコ・デラックスに意見を求めている。

マツコがコメンテーターとしてレギュラー出演している『5時に夢中!』(TOKYO MX)は、稲垣吾郎がジャニーズ事務所を退所した際に、ゲスト起用(2017年10月24日)した番組だった。しかし、その後マツコは稲垣を共演NGに…。

 

記事によると、稲垣の出演は大きな反響を呼び、制作側は稲垣の準レギュラー起用を検討していたという。しかし、マツコの所属事務所が稲垣の起用を警戒し、「稲垣を出すならマツコは降板する」と申し入れていたというのだ。

この件について取材を受けたマツコは『テレビってそんな甘くないわよ。いち視聴者として、冷静に考えてみてよ』『稲垣吾郎が5時に夢中!に入って楽しいと思う? いち視聴者として冷静に見れば、旬かどうかわかるでしょう。あの3人は木村拓哉や中居正広とはマンパワーが違うのよ>』などと、稲垣のタレントとしての力不足を指摘したという。

また、『公取(公正取引委員会)が(出演)時間だけ調べれば、あの3人が使われてないですねってなるわけ。 データで見たら違反かもしれないけどさぁ、結局は番組の判断なわけ』と続けた。

マツコの対応にネット上では、「性格悪い」「5時夢で旬な人って 誰ですか …」「マツコよ、お前もか」「なんかとても残念」「さよならマツコ」「言ってる内容がえぐすぎて笑う」「ずいぶんと偉そう」などと批判が殺到している。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。