【奈良県知事】大仏だけ見に来る観光客にとんでもない発言→炎上

奈良県の荒井正吾知事は25日の定例記者会見で、世界遺産が集中する奈良公園周辺で渋滞が深刻化していることに関連して「(問題の)根本は(東大寺の)大仏殿だけ見て帰る人たち。来なくていい」と発言。その後「修正し、取り消します。書かないように」と述べた。

いら立ちの背景には、渋滞対策の難航のようで「道が混むだけじゃ困るし、大仏だけ見て帰るなら奈良の経済のためにもならない。できるだけ滞在してほしいということ」と釈明した。

 

この発言にネット上では、「貧乏人は来るな これが本音」「行かないから安心してね」「OK,京都に変更するわ」「大仏で人集めて金落とさせるのが仕事だろう」「もしも奈良県に大仏なかったら…」「奈良県民じゃないけどこの知事色々ダメすぎるよな」などと批判が殺到している。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。