【反日】朝日新聞、掲載した記事がとんでもない『日本は ほろびるね といいたくなる』

朝日新聞デジタルが掲載した「日本は亡(ほろ)びるね といいたくなる」などと、嫌韓報道をする日本メディアを批判する記事がネット上で物議を醸している。

同記事では、「漱石の『三四郎』ではないが、「日本は亡(ほろ)びるね」といいたくなる。」と切り出し、「ある週刊誌が品のない嫌韓特集をしたらしい。それをテレビのワイドショーが批判する。」と一部週刊誌の謝罪騒動に触れた。その一方で「その番組も韓国政界の重要人物を『タマネギ男』といって笑いものにしているのだ。」との一貫性のない矛盾を指摘し、「テレビの床屋談議を何時間聴いても、韓国の深層はわからない。」と私見を述べていた。

この記事に対しネット上では、「朝日新聞ヤバ」「日本は滅びる と言いたいだけやろw」「もうどこの国の新聞か隠さなくなってきたな」「韓国いらないはアウトで、日本滅びるはセーフなのね 」「だったら旭日旗風の社旗は止めなさいよw」「なにこのダブルスタンダード」などと物議を醸している。

画像引用:朝日新聞デジタル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。