【北岡伸多朗】インスタグラマーの闇、幸せそうな写真の裏では過剰なストレス「どんな時も笑顔で人間らしくいたい」

 

BITTERの専属モデルでアパレルブランド「re:room」を運営する北岡伸多朗が18日、大阪で行ったポップアップストアについての感想を述べた。

北岡はインスタグラムに、「今回もたくさんのお客様や仲間に元気を貰った。自分のことを人に全部理解して貰うことなんて不可能だし悔しいこともたくさんあるけど、直接会ってお話することは写真や文字では伝わらない部分も少しは伝えられるし、自分という人間をもっと知ってもらえるチャンスだなって。有意義で素敵な時間を本当ありがうございました。皆さんと話してて、どんな時も笑顔で人間らしくいたいなって思った。」と投稿、来場客と触れ合うことにより普段抱えている悩みやストレスを発散でき、また今後の自分のあり方について見つめ直した。

 

この投稿に一部掲示板では、「お客様に感謝を述べるよりもいかに自分が満足したかを優先した文章信じられないわ。」「自分の家族と過ごしてて幸せだったらこんな言葉出ないよ。」「精神年齢低すぎる。」「墓穴掘るの好きだなー。」など厳しい意見が寄せられた。

 

画像引用:ママスタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。