【動画】堀ちえみ&桂南光、安倍首相の国指定の難病を茶化していた過去「ブーメラン怖すぎ」の声

【動画】堀ちえみ&桂南光、安倍首相の国指定の難病を茶化していた過去「ブーメラン怖すぎ」の声

舌癌を公表し、22日に摘出・再建手術を受けたタレントの堀ちえみ。手術前の19日には、木曜レギュラーを務める関西ローカルの情報番組「ちちんぷいぷい」(MBS)にコメント寄せていた。全文は以下の通り。

「『ちちんぷいぷい』をご覧の皆さん いつもあたたかい声をかけていただき、本当にありがとうございます。私は大阪出身で、関西の雰囲気が大好きなので、週に一度、『ちちんぷいぷい』に出演させていただいてる時間は、本来の自分に戻ることができる大切なひとときでした。しばらくの間、大好きな『ちちんぷいぷい』に出演することができず本当に残念です。

いろいろな治療の選択肢がありました。病気を告げた時の子供たちの涙を見て「まだ生きなければならない」と強く思い、手術を受けて治療に専念しようと、決断致しました。1日も早く大好きな『ちちんぷいぷい』に戻れるように頑張りたいと思います。その時また、応援をよろしくお願い致します。 堀ちえみ」

昨日25日には、堀の夫により公式ブログが更新され、ICUから一般病棟へ戻ったことを報告。「先生からは、心配していた浮腫みも、思ったより少なく、経過は順調だそうです」と医師からの診断について明かしていた。

ネット上では、手術の成功と順調な経過に安堵の声が相次いでいるが、一部では2012年に同番組で堀が安倍首相の難病を出演者らと大笑いしていた”過去”について掘り返され、物議を醸している。

問題の放送回は2012年。当時、自民党総裁選への立候補が噂されていた安倍元(当時)首相について、堀は「前はなんでやめたんやったっけ?」とMCや他出演者らに質問。すると落語家・桂南光が「腹痛いからやめたような人 国会議員やめて欲しいわ できひんとちゃうの?腹痛で 腸弱いのやろ」と、安倍元(当時)首相が持病として抱える国指定の難病『潰瘍性大腸炎』を茶化すようにコメント。これを受けMCは「いい薬ができて体調も万全になった」とフォローするも出演者全員で大笑いする一幕があった。

動画投稿サイトでは、問題の部分が切り取られた映像も公開されているなど、「堀は安倍さんの難病をこの番組で茶化してたよな(ブーメラン怖すぎ)」「堀ちえみはちちんぷいぷいで安倍叩きばかりしてたからな」「難病である安倍総理の大腸の病気をもネタにしてこき下ろす」「堀ちえみは、安部総理の難病での腹痛を笑ってたっけ」「反日番組ちちんぷいぷい 反日レギュラー出演者」などのコメントが寄せられている。

動画引用:youtube
IMG_6911.TRIM

 

9件のフィードバック


2 / 2«12

  1. 風見鶏 より:

    私は学校の課外授業で「ちちんぷいぷい」の桂南光・堀ちえみ・西靖さんの難病差別の
    ビデオを見ました。放送局がこんなひどいないようの放送をして謝らないのが驚きでした。関西かこんなレベルなんだと知ってがっかりしました。

  2. 姫路育ち より:

    私の地方では差別を許さない同和教育があります。授業で差別の典型的事例として毎日放送の「ちちんぷいぷい」の堀ちえみ、桂南光、西靖アナの出演ビデオを見ます。これだけ醜い難病差別番組はありません。放送の歴史に残さないといけません。

  3. じょうねん より:

    堀ちえみ、桂南光、テリー伊藤は難病差別をする差別者です。テレビにでるべきではありません。それらの番組のスポンサー企業も差別企業です。公開で糾弾されるべきでしょう。NHKの場合は大阪局が糾弾されるべきです。

  4. ひでぽよ より:

    「堀ちえみ」お前もか!テリー伊藤が過去に安倍総理が総理を辞職したことに関して「腹痛と言い訳して逃げたんですよ」とコメントしてたが後に難病だとわかっても安倍総理に謝罪は無かったね。


2 / 2«12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。