【加茂あこ】ミスユニバース2019日本代表に「これが国際標準か」「日本人らしさが無い」と不満相次ぐ

『2019 ミス・ユニバース・ジャパンファイナル NEW ERA』が22日、都内で行われ、 兵庫県出身の現役大学生・加茂あこさん(21)がグランプリに輝いた。今年冬に開催予定の『ミス・ユニバース 世界大会』に日本代表として出場する。

目標とする人物にはマザーテレサ。「彼女の生き方、 相手を大切にして手を差し伸べる姿を尊敬しています。自立した心の美しい国際人になりたい」としている。

 

ミス・ユニバースは1952年に発足。日本代表は、1959年に児島明子、2007年に森理世が世界一に輝いている。

ネット上では、「外国人ウケ…しそう…かな?」「毎回悪い意味で期待を裏切らない」「森理世と知花くららが凄すぎた」「知花くららは良かったけどそれ以降は日本人らしさが無くて嫌だな。」「これが国際標準か」「完全に海外向けの顔を選んでいるからな。日本人としては違和感しかない」などと厳しいコメントが相次いでいる。

画像引用:Google画像検索

2007年 森理世

1959年 児島明子

 

  1. 匿名 より:

    剛力彩芽に似ている…

  2. 匿名 より:

    駄目だ 顔も髪型もスタイルも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。