【体型】戸田恵梨香、役作りのため増量『お腹がムカムカするくらい食べた』(スカーレット)

戸田恵梨香(31)が主演を務めるNHK連続テレビ小説「スカーレット」が、9月30日にスタートする。一部メディアのインタビューに応じた戸田は、役作りのため「お腹がムカムカするくらい」まで食べていたことを明かした。

同作は“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描く物語。

 

女性の生涯を演じる朝ドラだけあって、その時々で体型を変える必要もあったらしく「太りにくい体質だったので、食生活を変えてお腹がムカムカするくらい食べました」と役作りに励んでいたよう。

ちょっとふっくらした戸田の近影に、ネット上では「痩せすぎだったからちょうどよかったな」「それでもまだまだ細すぎるよー 」「炭水化物とった方がいい。食が細いんだろうな。」などのコメントが寄せられている。

画像引用:スポニチ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。