【京アニ】Daigoブチギレ、実名報道でマスコミが儲かるカラクリを暴露

【京アニ】Daigoブチギレ、実名報道でマスコミが儲かるカラクリを暴露

メンタリストDaigoが、京アニ被害者の実名報道をする事により「マスコミが儲かるカラクリ」を心理学的に解説した。

Daigoによると、人間は心理的に「死に関するプレッシャーをかけられると、広告に反応しやすくなる。また、商品を買いやすくなる」といったデータがあるようで、その心理を利用したメディアは「死を連想させるような報道をたくさんやって、その報道の合間にCMを挟むと、 スポンサーの商品が売れるわけですよ。視聴率も取りやすい。」とした。

 

数値的には、ポジティブな感情に比べて ネガティブな感情は「7倍も伝線しやすいし、反応しやすい」らしく、「報道って金儲けのためにやっている」と言い切った。

そもそも人間の感情は「死の恐怖に晒されると、気晴らしにお酒を飲んだりたばこを吸ったり、嗜好品といったものに手を出しやすくなる」といった傾向があるといい、メディアはわざと「テレビの人たちが痛ましい話を、相手が嫌がっているのに聞き出したり、疑惑があるだけなのに人を囲んで、ネガティブな方向に持っていったりするんですよ。悲しんでいる人はもっと悲しませればお金になるわけですよ。逆に、怒っている人に対してはもっと怒らせればお金になる。」と解説した。

今回、京アニ被害者の実名が報道された件についてもこれと同じで、「多分これから(関係者へのインタビューを)やると思いますよ。実名が出た(報道された)から。」とDaigo。「本当に共感したら人をを泣かせるような事をしない」「なんで泣かせると思います?泣かせた方が金になるからですよ。」と声が荒げていた。

画像引用:youtube

 

2件のフィードバック



  1. 匿名 より:

    この人、普段の動画は登録者数と再生回数に乖離がありすぎw
    立花を取り上げて以降は立花の視聴者が流れて再生回数も上がったけどwww
    味しめたなw

  2. 匿名 より:

    このメンタリストが怒るなんてよっぽどだねw



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。