【京アニ】青葉真司容疑者への麻酔を緩めた結果…発した言葉が…

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警が殺人などの容疑で逮捕状を取得した青葉真司容疑者(41)が一時的に意識を回復し、「痛い」などの言葉を話すようになっていることが9日、関係者への取材で分かった。

関係者によると、青葉容疑者は全身麻酔の状態が続いているが、麻酔を緩めると意識を回復し、「痛い」などと言葉を発するようになっているという。視力や聴力もあるとみられる。今後、皮膚移植などの治療を受ける予定で、治療の進展次第で回復する可能性が出てきたという。ただ、症状は依然として重く、容体が回復したとしても、逮捕までにはまだ時間がかかる見通し。
引用:産経新聞

ネット上では、「そりゃ痛いだろうな 」「生き地獄」「痛いってそれ自分でやったんだろ」「死刑執行までの日々を怯えながら過ごせ」「自分が何人殺したかまだ知らないんだろうな」などのコメントが寄せられている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。