【京アニ】青葉真司、過去に例がない治療法採用「どう考えてもおかしだろ」の声

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」の放火殺人事件の青葉真司容疑者が、自己の組織を培養してできた皮膚を使用するなど、過去に例がない治療を受けていたことがわかった。

初期の治療で他人の皮膚の提供を受ける通常の治療法を採用せず、自己の組織を培養してできた皮膚や人工皮膚だけで救命されたことが判明。専門家は、全身の90%以上にやけどを負った重篤な患者への治療としては過去に例がないという。

懸命な治療に、ネット上では「正直被害者よりも高度な医療受けてんじゃん…」「死刑にする為に人体実験で生かされた」「死刑じゃなくて終身刑で」「治療費はいくらで誰が払うのか」「どう考えてもおかしだろ」「どういう判断で自己の組織の培養になったんだろ」などと物議を醸している。

 



  1. 匿名 より:

    は?税金使うな。以上

  2. 匿名 より:

    犯人が死んでしまえば
    放火に至った原因も真実も解らずじまいで
    残されたご家族やファンの方達には
    無念と疑問しか残りません。
    その為にも生かした事は正しいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。