【事務所総出】小倉優子の夫が反論『引退迫った事ない、事実と反する報道に残念…』

別居が報じられたタレントの小倉優子の夫が13日に放送された「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)の独自取材に応じ、一部報道を否定した。

夫は「事実と反する報道がなされていることについて、本当に残念に思います」としており、「私の役割として、芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っておりますし、やりがいも感じていたので、私から引退を迫ったことは一度もなかったです」と、否定した。

小倉優子、所属事務所はあのタピオカ騒動のプラチナムだった「”総出”で夫叩き」「擁護記事ばかり」

 

昨年末に突然家を出たという報道については「私から一方的に家を出た事実もありません」とし、子供達との関係については「お腹の子に限らず子供たちを本当に大切にしていましたし、子供たちも私のことを今も大切に思ってくれているので、流れとしては私が最も望まない形になっている」と、ショックを受けている様子。

今後については「正直、私自身も本当にどうなってしまうか分からない状態です」といい、「詳細を話せば妻の仕事への悪影響もあるでしょうし、子供をより傷つけることになるので、あまりたくさんお話することができなくて申し訳なく思っています」と語っていたよう。

夫の言い分に、ネット上では「あらら、やっぱり?」「かなりの策士だなゆうこりん」「どうしても旦那側のせいにしたいんだ」「事務所総出で旦那悪者、失敗、ユッキーナパターンだわ」「さすが!事務所総出の力!」「タッピーナのせいで 事務所総出がうまくいかないね、残念」「旦那はもっと世間一般に発言した方がいいよ。」などのコメントが寄せられている。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。