【中国】故意のウイルス拡散に死刑...検査拒否は懲役7年【緊急通知】

【中国】故意のウイルス拡散に死刑…検査拒否は懲役7年【緊急通知】

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、中国東北部に位置する黒竜江省の高級人民法院(高等裁判所に相当、以下高院)は、故意のウイルス拡散に対して最高刑死刑の厳罰に処す方針を表明した。

黒竜江省はロシアに国境を接し、2月4日夕方までに155人の感染者、2人の死者が出ている。同省高院は1月31日付で、「新型肺炎抑止を妨げる犯罪を厳しく取り締まるための緊急通知」を発表。

故意に新型コロナウイルスを拡散した者は「危険な方法で公共安全に危害を加えた罪(刑法114条、第115条1項)」が適用され、最高刑は死刑。また、検疫や強制隔離を拒否しウイルスをばらまいた場合は、「過失によって危険な方法で公共の安全に危害を加えた罪(警報115条第2項)」に該当し、最高で懲役7年の刑罰が科されるとした。

この発表に、日本国内からは「共産主義」「よっぽどヤバいウイルスって証拠だな」「中国ってこういう感じで法律作れんのか」「インフルエンザレベルならありえん法律」「さすが中国、やる事が極端w」「中国様ヤバいw」などと驚きの声が寄せられた。

画像引用:Google画像検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。