【不仲】山下智久『僕は男とばっかりつるんでいて…』亀梨和也を嫌ってた理由を告白…

俳優の山下智久が4日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS)に出演。ユニット「修二と彰」結成直前の亀梨和也と不仲について明かした。

山下はドラマ「野ブタ。をプロデュース」で亀梨とW主演。2005年に「修二と彰」名義で主題歌「青春アミーゴ」を歌い、162万枚の大ヒットとなった。

 

しかし、当時について山下は「バチバチしてましたね」と告白。「カメ(亀梨)は、華麗にウインクを決めて、“きゃー”って言われて。 僕は男とばっかりつるんでいて、そういうのが恥ずかしいというか」「(そういう亀梨に)嫉妬していました」と打ち明けた。

MCの有吉弘行から「正直、仲悪かった?」と質問されると 「仲悪かったです」と山下。しかし、ドラマの撮影が始まる前に「お前のここが嫌いだ」「俺はお前のここが嫌いだ」と話し合い、「ゼロになってスッキリしてからドラマの撮影に挑んだ」と振り返った。

今では、「毎年お正月は、カメの家で一緒に飲む」仲になったといい「4、5年続いている」と仲良しぶりを明かした。

山下の意外な告白にネット上では、「自分はちゃっかり男らしいだろアピールうざ」「お互い俺の方がイケてるって思ってたんだろうな」「亀梨はああ見えて意外と真面目だからな」「元カノが同じなんだろw」「ただの半グレ」などのコメントが寄せられている。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。