【コロナ】ハワイ現地ニュース、日本人感染者の滞在先を報じる マウイ島・オアフ島

1月28日よりアメリカ・ハワイに渡航していた名古屋市内在住の60歳代の日本人男性が、新型コロナウイルスに感染していることが発表された。男性は今月3日にかぜの症状が出て、帰国後の8日に発熱し医療機関を受診。自宅療養を続けていたが、13日に救急車で別の医療機関に運ばれ、14日に市衛生研究所で陽性と判定された。発症から2週間以内に中国への渡航歴はなく、肺炎患者との接触も確認されていないという。

 

ハワイの現地ニュースによると、この男性は1月28日から3日にマウイ島を訪れその時は症状がなく、その後3日から7日までオアフ島(Grand Waikikian by Hilton)に滞在。その際は風邪の症状はあったが発熱はなかったことを伝えた。なお、現地では現在も男性が乗った飛行機を含め詳しい旅行計画を追っているとのこと。

アメリカのネット掲示板上では、日本の感染拡大に心配の声が多く「3月日本に行く予定だけど、とても心配」「なんか、日本は感染が爆発的に広がりそうな気がする」「4月に旅行を計画してるけど、多分キャンセルする」「オリンピックは多分キャンセルだろうなぁ」などのコメントが寄せられている。

画像引用:HAWAII NEWS NOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。